札幌 エステ トゥインクル ネット予約
札幌 エステサロン トゥインクル 電話・メールで予約する

人気メニュー

札幌 エステ トゥインクルのラジオ波リフトアップフェイシャルでたるみ・ほうれい線改善

札幌 エステ ニキビ・ニキビ跡・シミ改善に即効性ならオーガニックプレミアムパウダー

札幌 エステ トゥインクル シワたるみシミ毛穴くすみ年齢肌ケアならエイジングケアフェイシャル

札幌 背中ニキビならトゥインクル

札幌 エステ フットケア 足裏角質除去

【タイプ別】タコ・魚の目・厚い角質

札幌 タコ 魚の目 フットケア

足裏はいつも同じ部分の角質が厚くなりませんか?

また、同じ部分にタコや魚の目が出ていませんか?

それは、角質が厚くなったり、タコや魚の目が出る部分に、圧力や摩擦が繰り返し生じているためです。

一番多い原因は、自分の足のサイズや形に合ってない靴を履き続けることです。

自分の足の形に合わない靴を履くと、ギュッと圧迫されたり、反対に靴の中で足がずれたりして、足に大きな負担がかかります。

その他、ヒールの高い靴、足の変形、歩き方の癖、乾燥、血行不良なども原因に挙げられます。

もともと皮膚には皮膚の内部を守ろうとする力が備わっています。

そのため、皮膚表面の角質をどんどん厚くして、外からの圧力や摩擦を軽減しようとします。

その結果、刺激が加わる部分には角質が厚くなったり、タコや魚の目が出てしまいます。

このような足裏のトラブルは、「ここに刺激が加わり続けていますよ」という皮膚からのお知らせともいえます。

足裏がカサカサになるのはなぜ?

タコと魚の目の違い

「タコ」も「魚の目」も、皮膚に対する圧迫や摩擦が繰り返される部分にできやすいといった特徴があります。

その部位には皮膚の内部を守るための防御反応が働き、どんどん厚くなっていきます。

タコは皮膚表面に向かって厚くなる

札幌 たこ ウオノメ 足裏角質除去

タコは皮膚の表面が徐々に厚くなり、硬くなっていきます。

なぜなら、角質が皮膚の表面に向かって、どんどん積み重なるためです。

浅く広範囲に渡り、黄色味を帯びることが多いです。

痛みはほとんどなく、むしろ厚い角質に覆われるため、感覚が鈍くなることが多いようです。

しかし、厚みが増すと靴に当たって、痛みが出る場合もあります。

ウオノメは皮膚の内側に向かって深くなる

札幌 ウオノメ タコ フットケア

魚の目は、角質が皮膚の内側に向かって、「くさび型▼」に肥厚し、やがて芯となります。

芯の部分が魚の目に似ていることから、ウオノメと呼ばれます。

芯がどんどん深くなり、真皮にある神経に触れるようになります。

そうなると、歩くたびに刺すような痛みが走ります。


足裏の角質・タコ・ウオノメが出やすい部位と原因

足裏の中央(ヒールだこ)

札幌 ヒールだこ フットケア

足の横のアーチ(親指の付け根~小指の付け根にかけてのアーチ)が崩れたことによる「開帳足」が原因と考えられます。

開帳足は、ヒールの高い靴などを履くことで、足の重心が前に移動し、横のアーチがつぶれてしまう症状です。

クッション性を失い、足裏の中央上あたりに体重がかかるので、たこや魚の目ができやすくなります。

この症状は、普段ヒールの高い靴を履く方に多く見られ、「ヒールダコ」とも呼ばれます。

ひどくなると、肥厚し範囲が広がり、黄色味がかった硬い角質となります。

足の横アーチ

かかとの厚い角質

札幌 かかとの厚い角質 フットケア

一般的に、かかとの部分は乾燥しやすいため、角質がつきやすくなります。

他の原因としては、靴のかかと部分が合っていない靴を履いていることが考えられます。

また、骨盤腔内の循環が悪く、便秘や冷え、月経不順などが原因の場合も、角質が溜まりやすいといわれています。


親指の横

札幌 足の親指横 角質除去

足の親指の横は、靴が当たるため、意外と角質が厚くなりやすい部分です。

足の外側に重心がかかり、歩くときに足指の横で蹴ってしまうので、肥厚が強くなっていきます。

外反母趾の方に多くみられます。

その場合、小指の下と親指の横に角質がつきやすくなります。

親指の付け根

札幌 足の親指付け根 角質除去

正しい歩行では、親指の先で地面をしっかり蹴るのですが、親指の先ではなく付け根の部分で蹴ってしまうことで、角質がつきやすくなります。

原因としては

  • 巻き爪が痛いので親指に力を入れられず、手前で蹴ってしまう
  • 小さめのサンダルを履くことにより、親指が靴からはみ出してしまう

…などで、歩き方に変な癖がついてしまうことが考えられます。

後頭部下縁と首の後ろあたりが凝っていると、角質が溜まりやすいといわれています。

小指の横

札幌 足の小指横 角質除去

先の細い靴を履くことや、ヒールの高い靴を履くことにより、前へすべり、圧迫されて小指の横に角質がつきます、

この部分は魚の目になりやすく、痛みを伴います、

足の指が正方形の足に多くみられます。


小指の付け根

札幌 足の小指の付け根 角質除去

足の外側に重心がかかり、外側の縦アーチが崩れることが原因と

考えられます。

歩く際の蹴り返しの時に外側の方から体重がかかり、小指の下に角質がつきます。

魚の目になってしまうと、かなり痛みが伴うので、早めのケアが大切です。

肩甲骨から首にかけてコリがあると、角質が溜まりやすいといわれています。


足の内側アーチ 外側アーチ

指の間

札幌 足の指の間 ウオノメ 角質除去

指の間にウオノメができる場合もあります、

一般的なウオノメは硬化性の乾いたものなのですが、指の間にできる魚の絵は軟化性のウオノメです。

指の間は湿った状態にあるので、やわらかいウオノメとなります。原因は足に合っていない靴による足の圧迫です。

この場合、靴の圧迫により、隣り合う指の関節がぶつかり合って、ウオノメができます。

とても痛みを伴いやすいところです。


つるつる足裏をキープするには?

厚い角質やタコ、魚の目ができやすい方は、

  • 履いている靴を見直す
  • 中敷きの厚みを調整する
  • 立ち仕事の後や長く歩いた後は、足のストレッチやマッサージをする
  • 足の保湿ケアをする
  • …などを心がけて、足への負担をやわらげる工夫が必要です。

定期的なフットケアで余分な角質を除去

札幌 フットケアで足裏つるつる

自分の足に合わない靴を履き続けていると、フットケアで厚い角質、タコやウオノメがなくなっても、再発の可能性が高まります。

とはいえ、自分の足にピッタリの靴を履くには、オーダーメイドの靴を作ってもらう以外ではなかなか難しいかもしれません。

また、歩き方の癖や足の変形によっても、タコやウオノメ、角質はつきやすくなります。

しかし、これらを根本的に正すのは、なかなか一筋縄ではいきません。

札幌 足裏角質除去

そのため、フットケアで足裏がキレイになった後は、できるだけ足に負担のかからない工夫をしつつ、角質が厚くならないうちに角質を取り除くことが大切です。

  • 「セルフケアではキレイに角質が取れない」
  • 「忙しくてフットケアまで手が回らない」
  • 「気づいたら足裏がガサガサに…」

という方は、トゥインクルにおまかせ下さい。

ぐっすり眠っている間に、つるつる足裏美人に♪

札幌 エステ トゥインクル ご予約 お問い合わせ

札幌 エステ フットケアコース

サロン住所

札幌市豊平区福住1条2丁目14-7
Grazie福住102

サロン最寄駅

地下鉄東豊線 福住駅より徒歩5分

◆お車でお越しの方はこちら (専用駐車場完備)

◆地下鉄・バス・徒歩でお越しの方はこちら